大阪会場

モジュールⅡ

 躍動する空間 


大阪ではモジュールプログラムの第二モジュール「躍動する空間」を
5月2・3・4・5・6日11:00~17:00に開催します。

~大阪会場~

 大阪ではモジュールⅡ「躍動する空間」を行います。5日間に及ぶこのWSでは、マイケルチェーホフ演技テクニックを実践的に学ぶだけでなく、俳優としての自分の殻を破り、イメージや演技の理解が深まり、相手役とのより深い交流する機会となります。最終日には全日程修了した参加者にはマイケルチェーホフヨーロッパから修了書が贈呈されます。(モジュールプログラムについて)

今回はより広くチェーホフテクニックについて知っていただくために、ウルリッヒ・マイヤーホーシュ氏によるトークイベント俳優のエネルギーも開催します。こちらの情報も合わせてご確認ください。

また大阪でも無料体験レッスンも開催します。

モジュールⅡ|躍動する空間 

舞台の空間は命で満ちている。全ての俳優がすべきことは生きた空間と繋がることである。そうして演じることはとてもシンプルになるのである。
このワークショップでは、戯曲の与えられた空間を探求する。俳優が、戯曲家によって描かれた世界に飛び込み、その世界のダイナミズム、エネルギー、言語、空間に影響を受けることを自分自身に許したら何が起きるのだろうか?マイケルチェーホフのコンセプトである「雰囲気(芸術作品の魂)」と「楽、形、美、全体に対する感覚」がこの探求を導き手となってくれる。

 ≪WSで使用するツール≫
空間が持つ動き、客観的な雰囲気、空間との関係、テンポリズム、個人の雰囲気、楽な感覚・形の感覚・美しさの感覚・全体の感覚、自然な呼吸、遊び心

【主催者からのメッセージ】

 俳優は場の雰囲気にただ影響されるだけでなく、自分から作品に応じて場の空気を作りだすことができ、その空気に自ら身を投じることで影響を受けることができます。そして観客は空間持つ独特の雰囲気によって、よりダイレクトに感覚を通して作品を受け取ることができるので、より没頭できます。
チェーホフテクニックでは、舞台空間や撮影現場は何もないわけではなく、常に何かで満たされていると考えます。このモジュールを受講した俳優からは「空間の影響によって楽に演技ができる。」「自分が演じるより、空間から力を借りているようだ。」などと感想を頂けます。空間を扱う俳優にとって、このWSは大きな学びとなるでしょう。

WS詳細 

【応募資格】
普段から身体を動かしている18歳以上の俳優
自分の心身の健康に責任がとれる方
どのような性別・人種の方でも参加できます
 ※他のモジュールを受けたことがなくても受講可能です
※参加者/見学者は遅刻厳禁です 
 
【定員】
20名
 
【日時】
5月2・3・4・5・6日11:00~17:00
※開場10:30     
※5日間のWSになります。
※昼休憩あり
 
【会場】
一心寺シアター倶楽
大阪市天王寺区逢阪2-6-13 B1F
JR天王寺駅より徒歩10分
地下鉄堺筋線恵美須町駅より徒歩10分
地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅より徒歩10分身振り

【料金】
特別割引:45,000円(先着5名)締め切りました!
通常 :50,000円
見学 :3,000円(一日5名まで)
    ※通訳あり

【申し込み方法】
HPの「申し込みフォーム」より応募ください。